メニュー

院長ブログ

新型コロナウイルス感染の減少:ブースターワクチンと小児ワクチン接種(2021.11.07更新)

新型コロナウイルス感染者が急激に減少し、日本ではやや落ち着きを取り戻しつつ有ります。現時点では安心ですが、今後またどうなるか、第6波は来るのか、見極めて行かなければなりません。加えて、これから冬場はインフルエンザウイルス感染も視野に入れておかなければなりません、インフルエンザウイルスは渡り鳥が運んでくると考えられています。渡り鳥が日本に来ると共に流行が始まると考えられています。以前は、豚から新型インフルエンザウイルスが作られ、流行したときもありましたが、インフルエンザは、ほ乳類・鳥類に広く感染するウイルスであり、そのため根絶は困難です。毎年しっかりと対策をして行くのが重要と考えられます。同様に新型コロナウイルスですが、その起源はまだ解明されていませんが、一説にはコウモリであるとも言われています。新しく出現したウイルスはエマージングウイルスと言いますが、そのほとんどは野生動物由来と言われています。特にコウモリはエマージングウイルスの宝庫ともよばれ、マーブルグウイルス、エボラウイルス、ニパウイルスなどもコウモリ由来であると考えられています。新型コロナウイルスもコウモリ由来であれば根絶するのは難しく、いつまた、流行がおきるか、予想できません。ワクチンのほか、抗ウイルス薬などの継続した開発研究が必要です。

 

感染者が下火になってきたためか、ちまたではワクチンをせっかく予約されても、キャンセルされる例もちらほら出てきています。ワクチンナビでは2回目接種のみ受け付けのところも出てきていますが、恐らくキャンセルが出た枠なのかと思われます。出張が入った、人手が足りなくて仕事を抜け出せないなどいろいろ話を聞きますが、社会全体でワクチンを進めていくことが重要で、是非忙しい人も受けさせてあげるようにして欲しいと思います。

 

コロナワクチンの効果、中でも抗体価はワクチン接種完了後徐々に低下してくることがわかっています。ワクチン先行国のイスラエルでの研究結果において、60歳以上の人の中で、7月11日から31日までの感染率は、2021年1月に完全ワクチン接種を受けた人の方が、3月に完全ワクチン接種を受けた人よりも高かったことを報告しています。およそワクチン接種半年後の感染率は接種4ヶ月人より高いと言うことです。重症化率も1.8~2.2倍(60歳以上、40~59歳で)とのことで、ワクチン接種後は全ての年齢層で免疫の低下が認められたと報告しています。

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2114228

 

この報告では、デルタ株の流行で感染が増加したと記載されていますが、ここ日本でも流行はデルタ株が中心でしたので、こう考えるとウイルス株が原因と言うよりも、ワクチン効果の低下が原因だったのかも知れません。もちろんワクチン接種者は日接種者と比較して重症化は抑制されていました。

https://www.nejm.org/doi/suppl/10.1056/NEJMoa2114228/suppl_file/nejmoa2114228_appendix.pdf

 

イスラエルでは3回目の接種が始まっていますが、最近の感染者数は、また急激に下降してきています。こういった傾向を見るとやはり感染抑制にワクチンが有効なことがわかる気がします。日本でも来年には始まる可能性が有ります。そのときの感染状況もしっかりと見極めて行きたい所です。

日本では減殺12歳以上の子にもワクチン接種可能ですが、米国では5歳以上の子供にもワクチンの接種を推奨しています。5歳から17歳までの子に使用できるワクチンはファイザー社のワクチンです。モデルナ社のワクチンは18歳以上とされています。

一般的に子供はリスクが少ないとされていますが、CDCでは子供でも、

・感染する可能性はある

・重症化する可能性もある

・短期および長期の合併症をきたす可能性がある

・感染を広める可能性がある

ことなどを理由に、子供でもワクチン接種することを推奨しています。

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/recommendations/children-teens.html

 

子供もワクチンを接種することで家族全体を守る事ができるとしています。5〜11歳の子供は、ファイザー-ワクチンの成人用量の3分の1の用量です。今後日本でも5歳以上に対象が広げられるかはわかりませんが、今後の流行状況次第かも知れません。

最近の生命保険のCM(住友生命だったかな)、バナナマンさんが出ているやつで、「行動非行動の法則」(行動しなかった後悔の方が、行動した後悔よりも大きいという法則)を語っているのが頭に残っています。「そうだよなあ」と思いつつ、感染者が少なくなってきているとは言え、このコロナワクチンもある種の「保険」なのかなと思います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME