メニュー

尿路感染症

女性に多く発症する膀胱炎に代表される尿路感染症は、尿路(膀胱、尿道、腎など)に主に外界につながっている尿道から細菌が侵入し、感染、炎症を起こして、排尿時の痛み、頻尿、血尿、下腹部痛、残尿感など様々な症状をきたします。

膀胱炎

膀胱炎は女性に多い尿路感染症で、頻尿、排尿時痛、残尿感などの症状をきたします。症状と検尿所見から診断は可能です。通常発熱はきたしませんが、市販のお薬での治療は不十分であることが多く、抗生物質による治療が必要となります。通常の膀胱炎を起こす菌は大腸菌がほとんどです。大腸菌以外の菌による尿路感染症や男性に発症する場合については、ほかの基礎疾患が隠れている場合があるので、さらなる検査が必要となる場合があります。膀胱炎は水分をあまり摂らなかったり、排尿を我慢することが多いような場合に発症しやすいです。常日頃から、水分をとるようにして、定期的に排尿することで、尿道への菌の侵入を防いで膀胱炎を予防できると考えられています。

腎盂腎炎

膀胱に感染した菌が、逆行性に腎盂まで到達し、腎に感染を起こした場合、膀胱炎と比較して高熱や腰背部痛が出現し、重症化することがあります。腎実質の感染症であることから、膀胱炎の場合と異なり、長期の抗生物質による治療が必要です。小児の場合、膀胱の尿が腎に逆流する疾患を持っているときに発症する場合もあります。また、尿管結石を伴う腎盂腎炎の場合、腎にたまっている膿が排出できなくなり、重症化するときがあります。排膿を促すために尿管ステントの挿入や、場合によっては腎臓に直接穿刺して腎瘻を作って排膿しなければならない場合もあります。このように重症化する場合は原則入院が必要になります。

急性前立腺炎

急性前立腺炎は前立腺の細菌感染によっておこります。発熱、排尿時痛、排尿困難などをきたすことがあります。治療は前立腺に移行性の高い抗生物質による治療となります。軽症の場合は内服で加療できることもあります。その場合、前立腺に移行性のよいニューキノロン系の抗生物質を使用します。重症の場合は入院し、抗生物質点滴による治療が必要となる場合があります。

慢性前立腺炎

慢性前立腺炎は、会陰部不快感、陰嚢部痛、尿道痛、下腹部不快感をきたす疾患ですが、急性前立腺炎と異なり、細菌感染ではないことがほとんどで発熱はきたしません。固い椅子に座っていると、会陰部に違和感が続く、時々会陰部痛が来たり、尿道や陰嚢部が痛くなるが、しばらくすると落ち着く、などのはっきりしない症状が長引くことが多いです。内服治療で症状緩和することが目標となりますが、症状が落ち着くまで時間がかかりますので、辛抱強く治療することが大切です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME