メニュー

性感染症

性感染症(STI)とは、文字通り性行為によって感染する病気の総称です。「性病」とも呼ばれています。濃厚な接触、粘膜同士の接触によって感染する様式をとります。性器のみならず、口腔に感染する事もあるので注意が必要です。

性感染症の症状として、陰部にできものができた(梅毒、尖圭コンジローマなど)、陰部に潰瘍ができて痛い(性器ヘルペスなど)、排尿時に痛み、違和感がある(淋菌性尿道炎、クラミジア尿道炎など)の症状がよく見られます。しかし、性感染症の種類によっては、初期の自覚症状がないこともあり、感染に気付かないことも多くあります。感染の機会のしばらく後に症状が出てくることもあるので、油断はできません。STIは性行為の際にコンドームを付けるなど、自身で防ぐことが出来ます。また、出来るだけ不特定多数を相手とした性行為はSTIの機会が増えますので注意しましょう。

性感染症といっても様々であり、下記のような病気があります。性器に病変が出来たり、痛みで自覚される疾患ばかりではないことに注意が必要です。

  • 尿道炎(淋菌感染症やクラミジア感染症)
  • 精巣上体炎
  • 梅毒
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
  • 尖圭コンジローマ
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HIV
  • 陰部ケジラミ

診断と治療

疾患によって異なりますが、淋菌やクラミジアによる尿道炎などでは、先ずは検尿、および淋菌とクラミジアの検査を行い診断し、薬物による治療をおこないます。また近年では、咽頭への感染もよく見られ、疑われる場合にはうがい液を検査に出すこともあります。起因菌が淋菌の場合、経口抗生物質に対する耐性化が進んでいます。その場合、内服療法では症状、検尿所見が改善しません。淋菌の場合、ほぼ確実に効果のある抗生剤はセフトリアキソンとスペクチノマイシンに限られてしまいます。しかし、欧米ではそれらの薬剤にすら耐性を持っている菌も出てきているので要注意です。

梅毒が疑われる場合は、採血検査が必要です。TPHAおよびRPRを定量で調べます。一度感染するとTPHAは低下しないのでRPRによる抗体価が十分下がるまで、ペニシリン系の抗生物質で治療します。

性器ヘルペスは、ウイルス性疾患ですので、通常の抗生物質は効果がありません。ヘルペスウイルスのDNA合成を阻害する薬剤で治療します。

尖圭コンジローマもウイルス疾患です。現在ではイミキモドクリームなどの軟膏による治療も行われております。この軟膏は、免疫の力でいぼを治すものですが、使い方には少し注意が必要です。小さなコンジローマの場合は液体窒素で治療することも可能です。

 

性感染症は、恥ずかしいからということで、他の疾患に比べて、受診されにくい疾患ですが、感染中の性行為によって、知らず他者に広めてしまうこともあります。遠慮せずに当院にご相談ください。また、パートナーも同時に治療することが重要となります。性行為感染症は昔からピンポン感染と言われるように、パートナーと感染症を移し合うことがあります。治療後も再発する場合など、パートナーの治療がうまくいっていない場合もありますので注意が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME