メニュー

院長ブログ

米国、生後6ヶ月~4歳までのワクチン接種を推奨(2022.06.19更新)
6月18日米国のCDCは生後6ヶ月から5歳までの小児への新型コロナウイルスワクチンの接種を推奨すると発表しました。 https://www.cdc.gov/media/releases/2022/s… ▼続きを読む

マスク着用の考え方:厚労省(2022.06.01更新)
6月になりました。新型コロナウイルスのパンデミックが日本でも問題になってから、すでにおよそ2年半も経つこととなります。 今日は近所の百貨店で、人気の物産展が開催されるというので少し見てきました。平日… ▼続きを読む

帯状疱疹とコロナワクチン(2022.05.14更新)
先日はコロナウイルス4回目についての発表が有りましたが、最近では1回目2回目の時と比較して3回目ワクチンの伸びは鈍いように思います。このワクチンはおそらく3回で最も効果が高いようで、4回目ワクチンは中… ▼続きを読む

4回目「セカンドブースター」ワクチンの有効性(2022.04.16更新)
現在3回目ワクチン接種が進められているところですが、最近では対象が高齢者から若い方に移行しつつ有ります。そのためか、ワクチンの接種予約のスピードが遅くなってきているようです。そうしているうちに、4回目… ▼続きを読む

イベルメクチンに効果は特に無しNEJM(2022.04.03更新)
新型コロナウイルスのパンデミック当初、我々を脅かしたのは、その感染性と重症化率の高さですが、最も不安にさせたのは、有効な薬剤や予防するワクチンがなかったことです。インフルエンザウイルスも、肺炎や脳炎を… ▼続きを読む

ワクチン4回目はどうなる?(2022.03.21更新)
今現在も新型コロナワクチン3回目を進めているところですが、政府はすでに4回目接種の想定をしているようです。 https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220311-O… ▼続きを読む

カタールにおけるブースターワクチンの効果:『原発危機と東大話法』(2022.03.13更新)
あの震災から、そして原発事故から11年が経ちました。これを機に以前読んだ東京大学教授・安富歩先生の『原発危機と東大話法』を読み返してみました。昨年の同時期のブログにも書きましたが、原発の安全神話がどの… ▼続きを読む

NEJM:ブースターワクチンのオミクロン株に対する効果、厚労省:オミクロン株による死亡率はインフルより高い(2022.03.09更新)
現在3回目のブースターワクチン接種が進んできていますが、多くの人に行き渡るにはもう少しかかりそうです。ただ今回は、1回の追加接種ですので、最初のワクチンよりは早めに進むことと思います。いまだオミクロン… ▼続きを読む

新型コロナウイルス BA.2株 ステルスオミクロンにもブースターを(2022.02.23更新)
北京オリンピックが終わってしまいましたね。コロナ渦での開催は、北京の住民の方々もいろいろと大変だったと思われますが、まずは成功なのだったと思われます。オリンピックを目指して、日々想像を超えるような努力… ▼続きを読む

平野歩夢選手、3度目五輪金メダル挑戦、3度目演技でトリプルコーク1440金!ワクチンも3回目で金(2022.02.11更新)
平野歩夢選手が北京五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝で最高難度の大技トリプルコーク1440。3回目演技で96.00点、2回目までは2位でしたが逆転で悲願の金メダルを手にしました。2回目の演技でも1位… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME