メニュー

ヘルペス・帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛の治療

帯状疱疹(ヘルペス)ヘルペスは口唇ヘルペスと性器ヘルペスがあります。口唇ヘルペスは、主に単純ヘルペスⅠ型によるもので、顔のこめかみ辺りにある、三叉神経節に潜伏感染しているヘルペスウイルスが、疲れや風邪を引いたときなど、免疫力の低下した状態の時に増殖し、神経の末端である唇に水ぶくれや発疹をきたします。性器ヘルペスは仙骨の神経節に潜伏感染したヘルペスウイルスⅡ型が、やはり再増殖した場合に、神経の先端部である性器に病変をきたします。性器ヘルペスの場合痛みが強くQOLを大きく損なうことがあります。

帯状疱疹とは、ウイルス性の皮膚炎で、赤い発疹と水ぶくれができ、痛みをともなうのが特徴です。元々は水ぼうそうをきたしたウイルス(水痘ウイルス)が、体内に潜伏感染し、疲れや加齢など免疫力の低下した状態になると、ウイルスが増殖し始めて、発症します。水痘ウイルスは脊髄の神経節に潜伏感染して、帯状疱疹を発症するときは神経に沿って増殖するため、右か左側、体の半周に発疹と疼痛をきたします。発疹が出る前の前駆症状として、神経に沿って痛み、違和感を生じた後に発疹が出ることが多いです。

治療

なるべく早めに抗ウイルス薬による治療をおこないます。しかし、ウイルスの増殖を抑制するものであり、症状を緩和する効果のための投薬となります。早ければ1週間ほどで治癒しますが、安静にし体力を回復することが重要です。また、抗ウイルス薬を配合した軟膏もあります。発疹が治癒した後も痛みが残ることがありますので、そのような場合は疼痛をコントロールする薬剤で落ち着くのを待ちます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME